宝酒造オンラインショップ

ゲストさま

河原酢造 河原酢造は安全安心の米酢専門会社です。

代表 河原 照彦さん
代表者である六代目河原照彦が有機製造を始めました。

河原照彦は、26歳で家業を継ぎ、酢の醸造家になりました。若いときからヘソマガリで、何か他人とは違ったやり方をしなければ気がすまないところがありましたが、50歳後半の今は考え方が変わり、当たり前のことを当たり前にやり続けられる事こそが尊いのではないかと思うようになりました。有機食品が、こだわりや希少価値として片隅に追いやられてしまうのは本来の姿ではないと感じます。

河原 泰彦さん
後継者である七代目河原泰彦は、有機米の栽培から取り組みます。

大学卒業後、新潟の農業法人に2年間滞在し有機農業を学びました。その後、福井に帰省し、地元の農場で、引き続き有機の米作りを実践しています。 現場にいなければ見えないことがたくさんあります。一方、高所見地から考えなければならないことも。両方をバランスよく学びながら、将来の可能性を探っていきたいと思います。

商品ラインナップはこちら
「老梅 有機純米酢」とは
田植えのイメージ
1. 老梅 有機純米酢は、国内産有機米100%です。

老梅 有機純米酢の原料として使われる有機米はすべてが日本産です。
日本国内の農業を守ることは、食の安全確認、環境保全のためとても重要と考えるからです。

2. 華やかな薫りが自慢です
イメージ

私たちは、米酢をつくるための第一段階として、まず酒造りをします。飲んでおいしい酒ではなく、酢の原料にふさわしい酒造りが要求されます。
米酢の中には不快な香りが含まれていることがあります。「ムレ香」と呼ばれるこのニオイのために米酢を嫌う人も少なくありません。たとえホンモノであっても、伝統の手法でつくられたものであってもおいしいと感じられなければ使い続けることは困難です。体にいい米酢をどうしたらおいしく食べていただけるのか。ヒントは酒職人の技術の極致と言われる吟醸の技にありました。オートマチックではできない、米粒の息吹を体感する手仕事による麹づくりをしています。
私たちの製品をお買い上げいただいたら、まず封を切って香りをきいてください。きっと違いを納得していただけるはずです。

イメージ
3. 酢造りの伝統製法「静置醗酵」

やっと酒が出来上がっても、食酢工場ではこのあとさらにもう一回の醗酵が待っています。酒のアルコール分を酢に変える菌を植えて、酒が酢に変わるのをひたすら待つのです。現代では、この工程を瞬時にやってしまう速醸法が開発され、大量生産工場ではほとんどがこの方法で行われています。弊社は、静置醗酵という古来の製法で行うため5,000リットルの酒が酢に変わりきるのにおよそ3ヶ月かかります。大量生産には向きませんが、穏やかな酸味を持つ上品な製法に仕上がります。酢は、体にいいらしいけどあの強烈なすっぱさがたまらないという方はお試し下さい。酢というものがこんなにもやさしい酸味であったと気づいていただけるはずです。

4. 原料の栽培者たち

原料は、地元福井県大野市で有機米、特別栽培米に取り組む(株)アースワーク、河原酢造の後継者である河原泰彦は、アースワークで米作りの修行中です。石川県加賀市で有機農業に取り組む橋詰善庸氏、新潟市の(有)エコ・ライス新潟の皆さんとのパートナーシップにより成り立っています。

  • (株)アースワークの皆様   松浦 助一さん
  • (株)エコ・ライスの皆様   阿部 信行さん
  • 石川県の生産者、橋詰善庸さん
イメージ
5. 恵まれた地下水

米と同じくらい大切な原料が水です。
酢に限らず、酒でも醤油でも、およそ醸造でつくられるものは全て水が命と言って過言ではありません。その大切な水はどこからやってくるのでしょう。
山々に降りそそいだ雨は、いったん水の根元に蓄えられ、やがて滴り降りて渓流に注ぎ込みます。渓流は下流へ流れるに従って次第に大きな河川となり、水の一部は川底から浸透して地下水となります。
地下水は適度のミネラルを含み、飲んでおいしく、醸造用水に最適です。いつでも良質な地下水が使用できる環境があってこそ醸造の仕事が成り立つのです。

有機JASについて
有機認定証明書

有機農産物の表示については、平成4年に「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」が制定され、表示の適正化を図ってきましたが、これには強制力がない為、表示が混乱していた事から、農林水産省は平成13年4月から、改正JAS法のもと「有機農産物及び有機農産物加工食品の日本農林規格(有機JAS規格)」を制定し、これに適合するものかどうか検査を受け、これに合格し「有機JASマーク」がつけられたものでなければ、「有機栽培」「オーガニック」等の表示をしてはならないことになっています。

外観

商品ラインナップ